スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M・ジャクソン、華やかな裏にある整形中毒説などの屈曲した人生

身体的苦悩・整形苦悩

キング・オブ・ポップスで大成したあとの

孤独などの苦悩もあったようですね。

その後のツレがうつになりまして。

その後のツレがうつになりまして。



ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。


“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンが26日(日本時間)に心臓麻痺で死亡したというニュースは、彼の音楽とダンスにはまって思春期を送った全世界の数多くのファンに衝撃を与えた。

 マイケル・ジャクソンは世界の歌謡界を支配した“キング・オブ・ポップ”でありながら、整形中毒者、少年への性的虐待、ピーターパン症候群など良くないニュースがついて回るほど、普通の人が簡単には理解しにくい独特な自分だけの世界観を持ったスーパースターだった。非常に愛らしく可愛らしい幼少時代から最近のスーパーバクテリアに感染するまでの月日と共に変貌を重ねた彼の姿を追ってみた。

 ジャクソン5時代までのマイケル・ジャクソンは、典型的な黒人の子供の姿をしていた。1970年、80年代、黒人の間で流行していたアフロヘアーとラッパズボンを引き継ぐ彼のスタイルは、1971年に彼がジャクソン5のリーダーボーカルになったことで、やっと世の中に知られることとなった。以後、彼のアフロヘアーはさらに大きくなった。そのため当時、大きく膨らませれば膨らませるほどかっこよく見えるというのが流行だった。また10代の思春期の象徴であるにきびまであり、“キング・オブ・ポップ”の幼少時代は普通の男の子と変わりなく、さらに親近感を感じさせる。

 普段から低くて大きな鼻にコンプレックスを持っていたマイケル・ジャクソンは1983年、ソロアルバムを準備しながら鼻の手術をした。また彼のニューアルバム写真を見ると、アフロヘアーから抜け出し洗練されたウェイブスタイルに変身を試みているのが分かる。特に薄くて細い眉毛とメイクアップは当時では非常にセンセーショナルな事だった。1985年27歳の時、彼の鼻筋はより高くなった。肌も段々白く変わり始めた。そして1986年、ペプシの広告を撮った時に火傷を負い、彼の顔には白斑症が転移した。当時、マイケルは火傷を負って病院で治療を受けており、火傷の患者を助けることの出来る財団も作った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000179-scn-ent
うつ うつ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
お奨めグッズ
週間ランキング
No1【大容量】1000枚入 BFE99%・・・
【大容量】1000枚入 BFE99%・・・
No2【即納】100枚入 BFE99%カッ・・・
【即納】100枚入 BFE99%カッ・・・
No3【子供用マスク】3層フェイスマスク ・・・
【子供用マスク】3層フェイスマスク ・・・
No4【大容量】500枚入 BFE99%カ・・・
【大容量】500枚入 BFE99%カ・・・
No5【即納】200枚入 BFE99%カッ・・・
【即納】200枚入 BFE99%カッ・・・
spacer
RSSリンクの表示
あし@あと
アドセンスコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。