スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ社員切り始まった

5回の面談のうち、途中で意識を失って打ち切りになったこともあった。

それでも「辞めるまで追及する」という上司の姿勢は変わらず、

「病気から復帰して、仕事ができるかわからんやつは、いらない!」

 とまで言われた。

 Sさんはうつ病が再発してしまった。

以前、夜中に包丁を持ち出して自殺を図った時の光景が、頭をよぎる。

「死ぬ思いで病気を克服したのに、なぜこんな目にあわねばならないのか。

強気を挫き、弱きを助けるの日本古来の

武道精神が全くなくなってしまったのでしょうか?

ぐんぐん良くなるうつ病快復ノート

ぐんぐん良くなるうつ病快復ノート



ぐんぐん良くなるうつ病快復ノート

ぐんぐん良くなるうつ病快復ノート



うつ社員切り始まった
AERA7月 6日(月) 13時 1分配信 / 国内 - 社会
──いよいよ正社員も、リストラの対象になりつつある。
メンタル不調者をはじめ、弱い立場の人が押し出されていく。
追いつめられる社員と余力がない会社、溝は深まるばかりだ。──

 タイミングは最悪だった。
 IT企業に勤めるUさん(37、男性)が、うつ病で1カ月間休職し、復帰した昨年9月。会社はちょうどそのころ、事業縮小と経営統合に揺れていた。
 復帰した日、社長と役員との面談でこう切り出された。
「あなたが休んでいたこの1カ月で会社の事情が変わってしまった。申し訳ないが……」
 提示された内容に愕然とした。賃金をUさんが入社した当時の水準に減額。身分も社員から契約社員に変更するという。
 何より気力を萎えさせたのは、
「業務は従来通り」
 という通告だった。人が足りないのが理由だ。休職前に「配置換えをして業務量を減らす」と言っていた総務担当者の言葉は口約束に過ぎなかった。

■恐怖感から思考停止に

 制作業務をしながら、派遣やバイトなどさまざまな雇用体系の若手数十名を束ねる人材管理も兼任していた。役員を除いて唯一の管理職扱い。いわば「一人マネジャー」だった。過酷な労働条件で働く部下たちの「悩み相談所」として話に耳を傾けた。人手が足りず手薄になった仕事をカバーし、土日、深夜を問わず、会社に出ていた。
 うつ病を発症してからは不眠が続き、電車にも乗れず、何度も自殺願望に駆られた。
「あの生活に戻れば、またつぶれる……」
 恐怖感からほとんど思考停止に陥り、何を言われても、
「はい」
 と機械的に返事をしていた。結局、契約切れとともに年初に退職した。
「契約が切れれば『この仕事から逃げられて助かる』とさえ考えてしまった。不況とはいえ、復職時を狙い撃ちするようなやり方は、理不尽です」(Uさん)
 正社員のリストラが加速するなか、うつ病を抱えながら働く人を解雇したり、自己都合退職に追い込む「うつ切り」が横行している。
 この春、人事コンサル会社「ベクトル」(千代田区)が、ある大企業からリストラによる再就職支援を請け負った。対象者100人のうち、5割が休職明けや通院中のメンタル不調者。その会社は500人を超すリストラを進めていた。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090706-00000002-aera-soci
健康 健康
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
お奨めグッズ
週間ランキング
No1【大容量】1000枚入 BFE99%・・・
【大容量】1000枚入 BFE99%・・・
No2【即納】100枚入 BFE99%カッ・・・
【即納】100枚入 BFE99%カッ・・・
No3【子供用マスク】3層フェイスマスク ・・・
【子供用マスク】3層フェイスマスク ・・・
No4【大容量】500枚入 BFE99%カ・・・
【大容量】500枚入 BFE99%カ・・・
No5【即納】200枚入 BFE99%カッ・・・
【即納】200枚入 BFE99%カッ・・・
spacer
RSSリンクの表示
あし@あと
アドセンスコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。