スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔術師」田原容疑者また覚せい剤で逮捕

酒井法子の裁判が明日に迫っていますが、

そんな中、天才・魔術師と呼ばれた元メージョッキー・元花形ジョッキー

がまた覚せい剤-。日本中央競馬会(JRA)の元騎手で

元調教師の田原成貴容疑者(50)が、

覚せい剤取締法と大麻取締法違反容疑で京都府警に

逮捕されていたことが22日、分かった

引退後、田原は騎手以外にも、様々な分野に活動の場を広げていた。

特に執筆活動が顕著であり、漫画作品『ありゃ馬こりゃ馬』で作家

作家としての才能を発揮していました。

『競馬場の風来坊』 紀伊国屋書店集計のノンフィクション部門で

2週連続の1位を獲得。刊行数100万部を越えるヒット作となった」

01年10月、機内にナイフを持ち込もうとして銃刀法違反の現行犯で逮捕。

その際、覚せい剤所持も発覚。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、

同年12月27日、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

覚せい剤犯罪は再犯率が43.0%と非常に高いのが覚せい剤犯罪の

特徴ですね。
認知250 250
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

認知療法はカウンセラーのアドバイスによって


自己訓練によって目の前におきている事象にたいして
常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが
出来るようになることです
加重なストレスを受けてもそのストレスをいい方向
に転換できるようになります。
この認知療法によって早期のうつからの改善と
再発防止にもつながります。
結果一日の早い社会復帰が可能になり
ひいては明るい幸せ家庭生活を取り戻せるようにもなれます。


酒井法子と同様に才能あふれた田原成貴容疑者がなぜ

再犯に至ったのか?

それは、田原は自らの騎手としての特徴を「良く言えば感覚、悪く言えば狂気の部分」

と表現しているように天才と何とかは表裏一体と昔から言われて

いますが、彼も何かにすがりたい欲求・ストレスに負けてうつ状態に

陥って覚せい剤に再度、手を染めていったのかもしれませんね。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
カテゴリ
リンク
お奨めグッズ
週間ランキング
No1【大容量】1000枚入 BFE99%・・・
【大容量】1000枚入 BFE99%・・・
No2【即納】100枚入 BFE99%カッ・・・
【即納】100枚入 BFE99%カッ・・・
No3【子供用マスク】3層フェイスマスク ・・・
【子供用マスク】3層フェイスマスク ・・・
No4【大容量】500枚入 BFE99%カ・・・
【大容量】500枚入 BFE99%カ・・・
No5【即納】200枚入 BFE99%カッ・・・
【即納】200枚入 BFE99%カッ・・・
spacer
RSSリンクの表示
あし@あと
アドセンスコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。